HOME > PROGRAM

Program Outline

APRICOT-APAN 2015 では、APRICOT およびAPAN の主催する会議が並行して行われます。
連日、合計50 を超えるセッションが動いており、それぞれに特徴のある活発な議論を楽しめます。
プログラムの詳細については、各会議の本サイトよりご確認ください。
APRICOT 2015 | APAN 39

   
2月24日(火) - 28日(土)


3月2日(月) - 5日(木)


3月6日(金)

  会場
JR博多シティ


福岡国際会議場


福岡国際会議場

  構成
APRICOT ワークショップ


APRICOT カンファレンス
APAN 39


APNIC Member Meeting

  内容
中小ISP運用者向けハンズオン
ワークショップ形式
(IPv4/6BGP、ネットワーク管理、ネットワークインフラ、など)


基調講演、コンファレンス、チュートリアル、ワーキンググループなどネットワークの基盤技術から応用までセッションは50以上!併設展示・デモ、複数Social Event も開催します。

二つの国際会議が同時に進行する個性豊かなセッションのほか、共同プレナリーセッション、レセプションなどでは、異なる要素が交差しあい、より深みのある時間となるでしょう。


APNIC会員の
ミーティング



Keynote Speakers

APRICOT-APAN 2015 では、インターネットに関連して、様々なジャンルの招待講演を行う予定です。インターネット資源を管理する組織 IANA のVice President Elise Gerich 氏が登壇予定です。また、日本からは、福島第一原子力発電所事故に関するデータ分析、情報発信を行ってきた東京大学の早野教授にご講演いただきます。

dotline.gif

災害とインターネット利用
福島第一原子力発電所事故により飛散した放射性物質による住民の外部被ばくおよび内部被ばくの懸念が持たれている。インターネットが普及した時代に起きたこの事故では、多数のデータがディジタル情報として収集された。放射線モニター、Twitterのつぶやき、携帯電話のGPS情報、カーナビのデータなどである。それらのいわゆるビッグデータは、住民の被ばくリスク評価や被ばく低減対策に活用できる一方、データの公表・説明の方法や、データのアーカイブなどの点で多くの問題があることも明らかになった。特に個人ごとの被ばく線量など個人情報の扱いや、自治体共通のデータインフラの欠如などである。 講演では収集・公表されたデータの例を示し、特に、福島の内部被ばくが、チェルノブイリ事故の知見から予想されたものよりもはるかに低いことについて論じる。
早野 龍五
東京大学 大学院 理学系研究科 教授
Ryugo Hayano
東京大学大学院理学系研究科教授。専門は、エキゾチック原子の分光による自然界の基本対称性の検証。反物質研究の成果により2008年仁科記念賞。
2011年3月の東日本大震災以降、原発事故関連のtweetによりフォロアーが15万人に急増。学校給食のセシウム検査の提案、大規模なホールボディーカウンターによる内部被ばく状況の解明、幼児用の内部被ばく検査装置BABYSCANの開発、携帯電話のGPS情報を用いた避難行動の解明などで知られる。

dotline.gif

David Lassner
University of Hawaii
David Lassner
David Lassner is the President of the University of Hawaii System. Prior to that he served as Vice President for Information Technology and Chief Information Officer (CIO) with statewide IT responsibility for all public higher education in Hawaii. Lassner has played an active leadership roles in numerous ICT organizations including chairing the Hawaii Broadband Task Force, leading a number of education initiatives for the Internet Society, serving on the Board of Internet2, chairing the board of the Pacific Telecommunications Council (PTC) and chairing the board of EDUCAUSE. He has led a number of major federally funded projects including the Maui High Performance Computer Center, the Pacific Disaster Center (PDC) as well as NSF projects linking Australia and New Zealand to the U.S. and exploring research and education (R&E) networking for the Pacific Islands. Lassner holds bachelors, masters and PhD degrees in Economics, Computer Science, and Communication & Information Sciences respectively.

dotline.gif

Elise Gerich
VP, IANA & Technical Operations
Elise Gerich
Elise Gerich, a 21 year veteran of Internet networking, is the Vice President of IANA at ICANN. Before joining ICANN, Gerich worked for Juniper Networks for nine years, serving most recently as Director of Software Product Management. Prior to that, she worked as the Director of Operations for the @Home Network, which built and operated the first national backbone for delivery of Internet Services by North American cable operators. Prior to joining @Home Network, Gerich served as the Associate Director National Networking at Merit Network in Michigan. While at Merit she was also a Principle Investigator for NSFNET's T3 Backbone Project and the Routing Arbiter Project. In addition to her commercial experience, Gerich has been the Co-chair of the Internet Planning Group (IEPG), Chair and Co-founder of the North American Network Operators' Group (NANOG), the National Science Foundation's representative on the Federal Engineering Planning Group and a member of the Internet Architecture Board (IAB). Elise Gerich holds a Bachelor of Arts from the University of Michigan.